ニキビ跡の治療法

にきびあとがひどい場合、その治療法は傷あと(瘢痕)の形や深さ、位置によって決まります。

独立した瘢痕の場合、切開して皮膚を縫い合わせます。幅がありギザギザした傷あとの場合は、瘢痕化した組織を開放するために皮下に小さい切れこみをつくるサブシジョンという治療法を行うと、見た目を改善することができます。

この治療を行うと、多くの場合、皮膚が元の正常な輪郭に戻ります。

浅いくぼみが複数ある場合には、ケミカルピーリングやレーザー治療を行います(レーザーによる皮膚治療を参照)。皮膚剥離術(ひふはくりじゅつ)という、金属の研磨用器具で皮膚の最も外側の層を削り取る治療法も、小さな瘢痕の治療に適しています。

コラーゲンや脂肪、その他の合成物質をにきびのあとに注入する方法もあります。これらの物質は皮膚のへこんだ部分を盛り上げ、周囲と同じ高さにして目立たなくします。

(メルクマニュアル家庭版より一部引用)