ニキビと思春期の関係

にきびは思春期によくできます。思春期にはホルモン、特にテストステロンなどの男性ホルモンの濃度が増加して脂腺が刺激され、皮脂の分泌量が多くなるからです。

20代前半から半ばにかけてホルモンの産生が安定すると、通常はにきびも消えます。ホルモン量が変化するその他の状態でも、にきびができることがあります。たとえば若い女性の場合、月経の周期に伴ってにきびができたり消えたりしますし、また妊娠中には悪化することがあります。

一部の薬、特にコルチコステロイド薬やタンパク同化ステロイドは脂腺を刺激し、にきびの原因になります。化粧品の使用も毛穴を詰まらせて、にきびを悪化させる場合があります。

にきびの程度や状態はさまざまで、良くなるときも悪化するときもあるので、にきびが急にできる原因を特定するのは容易ではありません。

理由はわかっていませんが、にきびは冬に悪化し、夏には好転する傾向がみられます。にきびと特定の食べものや性行為の間には関連性はありません。

(メルクマニュアル家庭版より一部引用)