・プロアクティブは全米アクネ対策スキンケア市場で7年間売り上げNO.1を達成。
・日本人の肌に合わせて改良、開発して発売した結果、日本国内でもプロアクティブは発売1年で日本アクネ市場売り上げNO.1!
60日間返金保証ありで安心↓↓

当サイトのオススメ情報

プロアクティブ薬用クリアスキンセット


リニューイング クレンザー(医薬部外品) 120mL
リバイタライジング トナー (医薬部外品) 120mL
リペアリング クリーム(医薬部外品) 50g
+購入プレゼント
ナイトクリーム(30g)

リニューイングクレンザー

プロアクティブリニューイングクレンザー
通常価格 \3,200(税込)
肌にやさしいスクラブ粒子の働きで、毛穴を詰まらせる余分な角質や皮脂汚れをすっきり取り除きます。朝夜の洗顔にお使いくだ さい。

リバイタライジングトナー

プロアクティブリバイタライジングトナー
通常価格 \3,200(税込)
ニキビを防ぐ薬用化粧水。ふき取り化粧水が、肌にたまった老廃物や角質を取り除きます。過剰な皮脂を取り除き、肌を引きしめ ます。

プロアクティブリペアリングクリーム

リペアリングクリーム
通常価格 \3,200(税込)
新しいニキビができるのを予防し、肌のキメを整えてなめらかにします。肌をすこやかに整える植物成分配合(保湿)。朝のスキ ンケアとしてお使いください。

プロアクティブナイトクリーム

ナ イトクリーム
オイルフリーなのでベタつかず、さっぱりした使い心地の夜用クリーム。保湿成分パンテノール配合でうるおい をキープ。夜用のスキンケアとしてお使いください。


詳細はこちら↓↓


当サイト内の最新コンテンツ

プロアクティブとは

プロアクティブは、にきび(ニキビ)に効果的に働く成分として、『サリチル酸』、『グリコール酸』、『パルチミン酸レチノール』、スキンケア成分として『各種植物成分』をバランス良く配合。

illust1427_thumb.gifプロアクティブのサリチル酸がにきび(ニキビ)菌を殺菌して繁殖を抑え、グリコール酸が肌の古い角質をやさしく取り除き、パルチミン酸レチノールが肌の代謝やコラーゲン の生成を促進し、豊富な植物成分が肌のキメを整えます。

プロアクティブは、肌を守りながら育てることで、にきびを繰り返さない健康肌へ導くのがコンセプトです。

どんな<にきび(ニキビ)ケア>でも効果を実感するまでにはそれなりに時間がかかりますし、肌のタイプやコンディションによって効果は異なります。

しかし、プロアクティブなら『合わない』と感じる場合には、購入後60日間は商品代金を返金してもらえるので安心してトライ出来ますね!

詳細はこちら⇒プロアクティブ

プロアクティブでニキビを克服!

当サイトへようこそ!プロアクティブでニキビ(にきび)を克服した@管理人です。

illust289_thumb.gifプロアクティブを使用する前はニキビができやすい体質なうえ、私は仕事がら生活も不規則。ニキビ(にきび)と書いてあるものは手当り次第に試しました。でも、どれもこれもダメで.....諦めかけていた時に通っていた皮膚科でプロアクティブに出会いました。

プロアクティブを使用した次の朝には化膿していたニキビが小さくなって、赤みも引いてきたのにはビックリ。それからはニキビがきれいになっても基礎化粧品はずっとプロアクティブです。

プロアクティブにしてから新しいニキビもできにくいし、時々出来てもすぐに直ります。今は、「ニキビで悩んでいる」って聞くと、必ずプロアクティブを教えてあげています。プロアクティブでアナタも悩みを解放しませんか?

詳細はこちら⇒プロアクティブ

プロアクティブの使用方法

プロアクティブは、朝と夜の簡単3ステップ!

★プロアクティブ朝のお手入れ3ステップ

①リニューイングクレンジングウォッシュ
(洗顔+角質除去)
②リバイタライジングトナー
(調整+角質ケア)
③リペアリング デイクリーム
(にきび(ニキビ)予防+トリートメント)

★プロアクティブ夜のお手入れ3ステップ

①ステップ+②ステップ は朝と同じケア。
③ナイトクリーム
(ダメージケア+トリートメント)

 プロアクティブは、朝夜2回を4種類のスキンケアを組み合わせて使用する事によって、お肌の状態を改善していきます。



プロアクティブ、7つのコンビネーショントリートメント


 プロアクティブは、にきび(ニキビ)ケアとスキンケアのダブル効果と明るい透明肌を作ります。

 プロアクティブには7つのトータルケアが組み込まれています。

1)患部の炎症、腫れを抑える。
2)皮脂の分泌をコントロール。。
3)角質を除去祖毛穴の通りをよくする
4)アクネ菌を殺菌し増殖を抑える。
5)皮脂を柔らかくする。
6)患部の炎症を和らげる。
7)肌のコンディションを整える。

 プロアクティブはトータル的ににきび(ニキビ)ケアが出来るという仕組みです。



プロアクティブの主要成分

・サリチル酸
~古くなった角質を柔らかくながら、にきび(ニキビ)の炎症を引き起こす原因「アクネ菌」の繁殖を予防。

・グリコール酸
~角質を穏やかに取り除き、メラニン生成を抑え、色素沈着や、にきび(ニキビ)跡にも効果的。

・レチノール
~にきび(ニキビ)予防に働きかけるだけでなく、毛穴を引き締めて肌の弾力や皮脂機能を正常にする。


 プロアクティブは、健やかな肌を維持する為の植物成分(カミツレエキス、ホホバオイル、アロエエキス、チャエキス、ハマメリスエキス、ククイナッツオイル)も配合されています。

詳細はこちら⇒プロアクティブ
プロアクティブは使い方が大事

プロアクティブは使い方が大事!

口コミを読んで分かったのですが、プロアクティブは使い方がとても大事だと言う事。

プロアクティブを使ってヒリヒリしたり、腫れてしまったりというトラブルを起こしてしまった方の多くは、量を多く使いすぎたり、そもそも敏感肌でお肌に合わない場合が多いみたいなのです。

「プロアクティブを使っていますが、自分あった量をみつけて使うことが大切です。 私もはじめは塗りすぎて顔が赤くはれたりしましたが、その後、試行錯誤して自分にあった量をみつけて使用していったら、見ちがえるほど美しい肌に生まれ変わりました。」

上記のような体験談が多い様子。

プロアクティブもやはり肌質などによって合う人と合わない人がいる様です。肌質や体の状態は人それぞれですから、使った人全てに効果がある、なんていうのはありえないですけど...

やはり、他の人の感想や口コミを参考にしつつ自分で試してみるのが一番だと思います。

プロアクティブは「60日間返金保証」って書いてありましたので、肌に合わなければ返金保証がありますので気軽にチャレンジできますし、ね^^

:60日間試して効果がなければ、容器とひきかえに全額返金。 :60日後に返金なんて、よっぽど効果に自信がなければ出来ないですよね!

アナタもプロアクティブでニキビと「さよなら」しませんか?

詳細はこちら⇒プロアクティブ
にきびの原因

にきびは、ホルモンと皮脂、細菌の相互作用によって毛包が炎症を起こすとできます。にきびがよくできる部位は、顔、胸の上部、肩、背中で、吹き出ものと嚢胞(のうほう)が特徴です。膿瘍(のうよう)ができることもあります。嚢胞と膿瘍は、いずれも内部に膿がたまったくぼみのことですが、膿瘍の方が大きくて深さもあります。

脂腺は皮膚の脂、つまり皮脂を分泌する腺で、皮膚の真ん中の層である真皮にあります。この腺は毛包に付随しています。皮脂は、死んだ皮膚細胞と一緒に脂腺から毛包を上がってきて、やがて毛穴から皮膚表面へと出てきます。

にきびは、毛包に乾いた皮脂や死んだ皮膚細胞、細菌などが詰まってしまい、皮脂が毛穴から外に出てこられなくなったためにできます。毛穴が完全にはふさがっていなければ黒にきび(開放面皰[かいほうめんぽう])ができ、完全にふさがっている場合は白にきび(閉鎖面皰)ができます。

アクネ桿菌(かんきん)は健康な人の毛包内にも生息している細菌ですが、毛包に皮脂が詰まってふさがると、この細菌の過剰な増殖を招きます。この細菌は皮脂を分解し、皮膚に刺激を与える物質を生じます。その結果生じる炎症と感染が、吹き出もの、すなわちにきびを引き起こします。感染がひどくなると膿瘍が形成され、これが皮膚の中で破裂すると炎症がさらに悪化します。

(メルクマニュアル家庭版より一部引用)
ニキビの症状

にきびの程度は、軽症のものから重症までさまざまです。にきびとしては軽症であっても、悩みの種になることがあります。特に10代の若者にとっては、1つ1つのにきびが美容上の大問題にみえるものです。

軽症のにきびは表面的なもので、非炎症性の黒にきびや、症状の軽い小さな吹き出ものがいくつかできる程度です。にきびはたいてい顔にできますが、肩、背中、胸の上部にできることもよくあります。

タンパク同化ステロイドを使用すると、肩や背中の上部ににきびがしばしば生じます。

黒にきびは、普通の色をした皮膚がわずかに腫れた部分の中心に、黒い小さな点がぽつんと見えます。

普通の赤いにきびは、皮膚が小さな円状に赤くなったその真ん中に白い芯があり、少し不快な感じがします。根の深いものや嚢胞のような重症のにきびでは、赤くて痛みを伴う、膿の詰まったかたまり(小結節)が多数できます。皮膚の下でこれがいくつも一緒になり、大きなじくじくした膿瘍を形成することもあります。

軽症のにきびは、通常はあとを残さず治ります。

しかし、吹き出ものをつぶしたり無理に開こうとすると、炎症を悪化させて皮膚の傷を深くするので、にきびのあとが残りやすくなります。膿の詰まった小結節や膿瘍のような重症のにきびはしばしば破裂して、治った後もしばしばあとが残ります。

にきびのあとは、小さくて深い穴(アイスピックで突いたような傷あと)や、さまざまな深さのあばた、深くて不規則な形のくぼみなどになります。これらは一生残るので、見た目にはっきりとわかるような場合は心理的ストレスになることがあります。

(メルクマニュアル家庭版より一部引用)
ニキビ予防について

一般的ににきび治療は単純なものです。

にきびができた部位を、日に1〜2回刺激の少ないせっけんを使って洗います。抗菌せっけんやスクラブ入りせっけん、アルコール綿の使用や、頻繁にごしごし洗うことはにきびに効果がないだけでなく、皮膚を刺激してしまいます。

また、特に食事の制限はありませんが(たとえばピザやチョコレートなど)、健康でバランスの良い食生活をすべきです

(メルクマニュアル家庭版より一部引用)
ニキビ跡の治療法

にきびあとがひどい場合、その治療法は傷あと(瘢痕)の形や深さ、位置によって決まります。

独立した瘢痕の場合、切開して皮膚を縫い合わせます。幅がありギザギザした傷あとの場合は、瘢痕化した組織を開放するために皮下に小さい切れこみをつくるサブシジョンという治療法を行うと、見た目を改善することができます。

この治療を行うと、多くの場合、皮膚が元の正常な輪郭に戻ります。

浅いくぼみが複数ある場合には、ケミカルピーリングやレーザー治療を行います(レーザーによる皮膚治療を参照)。皮膚剥離術(ひふはくりじゅつ)という、金属の研磨用器具で皮膚の最も外側の層を削り取る治療法も、小さな瘢痕の治療に適しています。

コラーゲンや脂肪、その他の合成物質をにきびのあとに注入する方法もあります。これらの物質は皮膚のへこんだ部分を盛り上げ、周囲と同じ高さにして目立たなくします。

(メルクマニュアル家庭版より一部引用)